わたしの場合朝起きて顔がむくんでいる時はほとんどが水分代謝ができていないことが原因です。
前日にお酒を飲みすぎたり、水分を取りすぎたり、また塩分糖分の取りすぎもむくみの原因になるので、むくみやすい人は飲酒や食生活を見直す必要があります。

朝、顔がパンパン!という時はできるだけ水分を排出するようにしましょう。

顔がむくんでいる時に効果的なのがマッサージによるリンパの流れ改善です。

顔をマッサージする前に、準備としてまず首からほぐします。

首を左右3回くらい大きく回してから、鎖骨の上のツボをマッサージして刺激します。

指4本で気持ち良いと感じる程度の力で左右20回ほど押してマッサージします。

これでリンパの流れを改善し水分が流れやすい状態にします。

次にあごから耳下まで優しく引っ張り上げるような感じでマッサージします。

すべりがよくなるようにオイルやクリームなどをつけてマッサージすると良いです。

それから耳の後ろから鎖骨まで、リンパの流れにそって水分を下げるようにマッサージします。

このマッサージでずいぶんむくみが取れます。

マッサージの他にもむくみの対処法としては、蒸しタオルと冷たいタオルを交互にあてて、顔の血流を良くしてリンパの流れを改善する方法もあります。

蒸しタオルは電子レンジで簡単に作れます。

水で濡らしてしっかり絞ったタオルをくるくると巻いて、500Wで1分位レンジにかければOKです。

熱くなりすぎてる場合がありますので注意してください。

冷たいタオルは水道水の冷水でOKですが、温度差が大きい方が効果があるので、面倒でなければ氷水にタオルをつけて絞るとさらに良いです。

水分が排出されれば、リンパの流れが改善し、顔のむくみもとれて次第にスッキリしてきます。

また、朝だけでなく長時間むくみがとれない場合は内臓疾患の可能性もあるので、その場合は病院での受診を行った方がよいです。

(埼玉県 奈緒美さん)