わたしの場合、「顔がむくんでいるなあ」と感じたら、まずは慌てず騒がず1杯の水を飲みます。

むくみは体内に溜め込んだ塩分が原因なので、それを緩和する為。

飲めればもっと飲んでも問題なく、更にむくむ心配は無用です。

その後、顔を温めます。

適度に濡らした後にレンチンしたフェイスタオルなどを使って、顔の血行を良くするのが目的。

なので「温かくて気持ちがいい」くらいがベストです。

熱すぎるのは意味がありません。

顔を温めた後にマッサージを行って、直接的に顔のむくみを取っていきます。

むくみは顔の上部分から下部分へ滞ったものを押し流し、スッキリさせる方法なので、まずはおでこ部分からマッサージをスタート!

おでこの中心から外側に向かって指の腹を使い、軽くマッサージします。

強くやると効果があるというものでもないので、優しく撫でるという感じでマッサージを進めましょう。

これを何回か繰り返した後に、次は目の周りのマッサージです。

瞼部分と目の下部分をそっとこめかみに向かってマッサージします。

目の周りの皮膚は薄く、マッサージによるストレスがシワを作りだしてしまわないように注意が必要です。

その後はこめかみから耳の下までをマッサージ。

耳の下から、肩方向へマッサージ。

こんな手順で撫でマッサージを行えばOK。

要は不要なものを順序良く追い出す手伝いを行うためのマッサージなのです。

鏡の前でゆっくりとマッサージを行い、むくみチェックをしながらやると「スッキリしたな」というのがわかります。

特に目の周りのマッサージはテキメン。

撫で方の加減やむくみ加減によって「どれくらいマッサージをやればむくみは取れるか」が異なります。

そのためにも鏡でチェックしながら、納得がいけばマッサージ終了と考えましょう。

塩辛いものを食べたり、外食したりした翌朝には要注意!

そんな時には少しだけ早起きをして、むくみマッサージに備えれば完璧です。
(群馬県 むくみんさん)